演題応募方法

演題の抄録(A4一枚程度。.docまたは.docxファイル)とインターネット公開用のマクロ、ミクロ写真(.jpgファイル)を事務局まで電子メール(kinpatho@med.kobe-u.ac.jp)またはCD-R(郵送)にてお送りください。

配布用のHEスライド50セットを事務局までお送りください。小さい標本で配布不可能な場合はHEスライド3セットで結構です。

発表当日のPCはWindows 10、PowerPoint2010を用意しております。(発表者ツールの利用不可)

学術集会当日は、開始30分前から会場に標本供覧コーナーを用意しております。

演題申し込み、ご質問は、事務局(kinpatho@med.kobe-u.ac.jp)までお気軽にお願いいたします。

なお、筆頭演者の先生が日本病理学会会員で、当該年度の4月1日現在で40歳未満の場合、近畿支部学術奨励賞発表演題部門の審査対象となりますので、これに該当される先生は、演題をご登録される際に年齢をお教えいただけますと幸いです。

日本病理学会近畿支部事務局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-1

神戸大学大学院医学研究科病理学講座病理学分野内

Tel:078-382-5465 Fax:078-382-5479

E-mail:jspk-office@umin.ac.jp

または、kinpatho@med.kobe-u.ac.jp

備考

日本病理学会近畿支部 学術奨励賞発表演題部門 審査基準について

日本病理学会近畿支部では、若手病理医の育成を目的として、年4回の学術集会において若手(日本病理学会会員かつ当該年度の4月1日現在で40歳未満)の一般演題発表者のうち、特に優れた発表を行った者を学術奨励賞発表演題部門として近畿支部総会で表彰しています。審査は近畿支部学術委員会委員から互選された複数名の審査委員により行われますが、今後のより良い発表に資するため、その採点の指標となる6項目を公表いたします。これらの点に留意し、優れた発表を行っていただくことを期待いたします。

① 選択した症例の適切性(聴衆の日常診療・学問的理解への寄与)
② 選択した症例に関する問題点や議論となる点の把握
③ 診断に至る思考過程や検索
④ 文献的考察
⑤ プレゼンテーション(スライド・話し方・時間遵守など)
⑥ 質疑応答